modest days 〜ジミナマイニチ

ちょっとしたこと

プレピー0.2の後継さがし

大好きなプラチナ万年筆のプレピー(preppy)。

f:id:modestdays:20200706073927j:image

特に極細0.2がお気に入りです。極細なのに滑らかでインクが良く出る本当に優秀な一本。それが400円で手に入ります。

 

手元の一本は、プレピー0.2が300円の時代に手に入れたもの。しかし悲しいかな、プレピーは軸が割れてしまって手に余り、手放してしまうのがいつもの別れです。

f:id:modestdays:20200706073839j:image

マスキングテープで軸を補強しつつ使っていましたが、顔料インクを使っていたため全体的に薄汚れてきました。そろそろ手放す時期です。

f:id:modestdays:20200706075807j:image

手放すとなれば、後継者探しです。

f:id:modestdays:20200706075858j:image

手元の細め万年筆で書き比べ。

全く同じ書き味はないので、ますます悩みます。

 

太字と細字のあいだ

くっきりはっきりした文字を書くのが好きです。

f:id:modestdays:20200502152124j:image

そうなると、手に取るのは太字の筆記具が多くなります。細字万年筆でも、インクが盛り上がるくらいたっぷり出るタイプが好みです。

f:id:modestdays:20200502152235j:image

愛用しているのが、エルバンのローラーボール。同じくエルバンの黒インクカートリッジをセットして、メモにノートに大活躍です。

最近インクフローが安定しないのが悩み。

f:id:modestdays:20200502152339j:image

そのほかの太字ラインナップ。極端な太字好きの頃は、ユニのPROCKEYや名前ペンでノートをとっていました。そして、書いているうちにエルバンのローラーボールからインク漏れが。。カートリッジに半分くらい残っていたインクが全部出てしまいました。

エルバンのローラーボールは、いつもこうなってサヨナラを迎えます。

f:id:modestdays:20200502152649j:image

気持ちを切替えて、今度は細字のラインナップ。くっきりした細字も大好きです。プレピー02は、しっかり細くてインクもたっぷり出る本当に好みの一本。

f:id:modestdays:20200502152830j:image

最近手に入れたJuice up 03 で書いていると、極細熱も燃え上がります。でも極細ボールペンはslicciの書き味がわたし好みです。手の疲れ方も違います。

 

太字はアイデアを書き出したり構成を考えたり、本を抜き書きするときに愛用しています。細字は学校のお勉強的なことをするときや、丁寧に思考を綴るときに向いている気がします。

 

 

お買い物ノート

家計簿のようなものは、さんざん挫折しています。

f:id:modestdays:20200411134335j:image

そんなわたしが唯一続いているのは、決まった費目だけを記録しているお買い物ノートです。

f:id:modestdays:20200412061047j:image

毎月いくら化粧品にかけているのか気になったのがはじまり。数ヶ月続けたあと、文房具とファッション関係の記録も始めました。

f:id:modestdays:20200412061302j:image

f:id:modestdays:20200412061246j:image

いつ頃からか、使い切った化粧品には「済」のマークを付けるように。化粧品を使い切るサイクルをつかめるようになり、無駄な買い物が減りました。

f:id:modestdays:20200412061824j:image

お買い物ノート2冊目は、ナガサワ文具センターの神戸手帖 備忘録 c5×6、たっぷり254ページ。5年くらいは持ちそうです。

 

2冊目からは、書籍や、費目に関わらず高額な支出も記録するようになりました。気になる費目だけでも記録しておくと、お金やモノの流れを管理することができます。おすすめです

 

 

クリッカート

ゼブラ(Zebra)のノック式水性カラーペン、クリッカート(CLICKART)を全色手に入れました。

f:id:modestdays:20200229204710j:image

近所の文具屋さんで3割引だったため箱買いしてしまいました。

f:id:modestdays:20200229204829j:image

ノック式という、なんとも不思議な水性ペン。

f:id:modestdays:20200229204905j:image

お絵描きにも文字書きにも使いやすい、絶妙な太さの筆記線が描けます。

f:id:modestdays:20200229205131j:image

全色試し書き。紙はバンクペーパーです。

f:id:modestdays:20200229205213j:image

写真では消えかけているペールオレンジは、如何にもお絵描き向きの色味。ダークな色合いも明るくライトな色合いもスタンダードも捨て難く、こうして眺めると全色手に入れてよかったとしみじみ感じます。

f:id:modestdays:20200229205157j:image

バンクペーパー上では、どの色も多少ヒゲが出ます。個人的には気にならないレベル。

f:id:modestdays:20200229205544j:image

裏から見たところ。透けはしますが裏抜けは無し。

f:id:modestdays:20200229205638j:image

スモーキーブルー、ベビーレッド、マリーゴールド、ライトグリーンが今は好みです。

メモやお絵描きや勉強に使っていきたいとおもいます。

 

 

 

抜き書きノート

本を抜き書きするのが好きです。

f:id:modestdays:20190818110122j:image

モノトーンでまとめて大人テイストにしたハッピープランナー、中身は方眼と横罫のノートリフィルをいれています。

f:id:modestdays:20190818110223j:image

ずっと寝かせていましたが、最近は本の抜き書きに使っています。しおりも手作り。

f:id:modestdays:20190818110409j:image

f:id:modestdays:20190818110735j:image

ハッピープランナー純正の紙はとても優秀。インクフローたっぷりの中細万年筆でも全く裏抜けしません。インク色はセーラー万年筆の夜長。

f:id:modestdays:20190818110956j:image

本にアンダーラインを引きながら読むので、抜き書きはあとでまとめてすることが多いです。アンダーラインがあるので抜き書きしなくてもいいかもしれませんが、読むと書く、どちらも楽しみたいのでこのやり方を続けています。

抜き書きノートは、わたしに響く言葉が詰まった一冊になります。

****

一度読んだ本は、アンダーラインを拾いつつその前後を読むことが多いです。過去の自分に案内されているような不思議な読書体験です。

 

雑記帳を整理する

古いノートを見直します。

f:id:modestdays:20190731211424j:image

雑記帳や手帳がたまっていたので整理します。

この機会に、捨て方の分からなかったパスポートも手放します。

f:id:modestdays:20190731211900j:image

なんやかんやで18冊ありました。

f:id:modestdays:20190731211949j:image

中身は独り言のようなものだったり名言だったり筆記具のレポートだったり。

全てのページは必要ないので、残したい言葉たちを拾い集めます。あとはさようなら。

f:id:modestdays:20190731212459j:image

読んでいると、書いていた頃の気持ちが蘇ることもありますが、まるで知らない誰かの心をのぞいているような発見もあります。

今日は7冊手放しました。拾い集めたのは10ページほどの言葉。

こうやって紙の上で気持ちや言葉を発散させたり凝縮させたりするのは、静かでたのしい時間です。

 

油性ボールペンを使い切ったはなし

長かった。。。

f:id:modestdays:20190710084633j:image

4年前にいただいたボールペン。使ったり使わなかったりでずっと手元にありました。

 

筆記具のストックを減らしていこうと考え、すぐ手に取れる箱の中の油性ボールペンを1本だけにしたのが1年前。

f:id:modestdays:20190710084647j:image

しかしなかなか無くならず。

分解してはインクの残量を眺め、また戻し。

 

一念発起して「使い切る」と決め、日々のモノ書きをこの一本に絞ったのが4月。ついに今日、インクがかすれ始めました。

 

その日の気分で筆記具を選びたい気持ちをぐっと抑え、ひたすらにこの一本と付き合った3ヶ月。筆箱を開け、機械的に取り出し、書き、しまうだけ。万年筆に浮気しないよう、普段使いのノートは万年筆インクがにじむ紙質のものを選びました。

 

気づけば筆記具に対する遊び心も関心も薄れかけていました。

 

使い切ったボールペン、ありがとう、さようなら。

 

さて次は、どの一本と付き合いましょうか。