読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

modest days 〜ジミナマイニチ

ちょっとしたこと

ケスペタ

シャチハタから発売されているケスペタを使っています。

f:id:modestdays:20161217122651j:image

ダイレクトメールや宅配伝票を捨てる前、宛名を消すために使います。何本かリピートしています。

f:id:modestdays:20161217122851j:image

真っ黒にぬりつぶせる上、糊状なので塗った面を二つ折りにして貼り合せることもできます。シュレッダーに比べると簡易で場所もとらず、手でちぎる手間にくらべればはるかに楽です。

しかし捨てるためのモノを買うことに少し抵抗もあります。もっと安くなんとかならないか。

墨汁と水糊で自作することも考えていますが、まだ試していません。

ジブン手帳LIFE

以前から気になっていたコクヨのジブン手帳LIFEを手に入れました。

f:id:modestdays:20161217100537j:image

いちばん欲しかったのは人生の出来事を綴るMY NEWSです。

f:id:modestdays:20161217101253j:image

楽しそう。

でも、筆が進みません。

どんな筆記具で書こうか、何を書こうか悩んで最初の1文字を始めることができないのです。

f:id:modestdays:20161217101302j:image

100 WISH LISTも書きたいことはたくさんあるけど同じ理由で始められません。それに、もしLISTに書いたことがやっぱりやらなくていいやとなったら?などど考えると悩んでしまい、開いては書くことを想像して閉じるの繰り返しです。

書いて消してこてこてに使うのもいいし気に入らなければ買い直してもいいと思うのですが、完成されすぎたフォーマットは、それはそれで使いにくいものです。

紙だって古くなる

ディック・ブルーナ デザインの便箋です。

f:id:modestdays:20161210233032j:image

全てデザインが違うので見ていて楽しいです。100枚綴りでしたが、残りは少しです。

 

この便箋、もういつ手に入れたのかも分からないほど長く手元にあります。

f:id:modestdays:20161210233325j:image

背を糊でかためてあるタイプで使うとき一枚ずつピリピリはがすのですが、この前ついに表紙がはずれてしまいました。

 剥がれた糊が便箋のふちに厚くついていたので、一枚一枚手で取り除きました。糊に弾力はなく、カチカチのポロポロでした。経年劣化です。

f:id:modestdays:20161210233729j:image

ふと、便箋の紙が黄ばんでいることに気づきました。つい先月もこれで人にお手紙をだしていたのに分かりませんでした。

紙にも使用期限があるんだ、と今更ながら実感しました。買いだめも考えものです。

この便箋はメモ用紙として使い切ります。

ノートのストック

ノートのストックがダンボール一箱分あります。気づくとこれだけの量になっていました。

f:id:modestdays:20161209221101j:image

全部使い切るにはどれだけかかるのでしょうか。

f:id:modestdays:20161209221636j:image

似たような大きさで見栄えのいい箱があったのでストックを入れ替えます。

f:id:modestdays:20161209221650j:image

容積はおなじくらいでしたが、形の関係で溢れてしまいました。

でもこれでいいのです。少しずつ消費して、この箱におさまる量にとどめます。

 

フリクションのこと

f:id:modestdays:20161208140511j:image

手元にあるフリクションは全部で6本です。このうちボールペン黒2本、赤1本は粗品でもらいました。

でもフリクションボールペン、正直いらないのです。色が薄くて掠れる書きごこちは好きになれません。

f:id:modestdays:20161208140621j:image

熱で消えてしまうことを考えるとメモ書きくらいしか使い道がないけど、メモなら間違えてもぐりぐりーってすればいいので綺麗に消せる必要はありません。

唯一使うのはサインペンタイプのフリクションです。 

f:id:modestdays:20161208141319j:image

地図を見るのが好きで、通った道を地図に残しています。このときよく間違えるので、フリクションを使います。

でも、いつか、この足あとが薄くなって消えてしまったら悲しい。

やっぱり普通のサインペンにしようかな。

ツバメノート

いまつかっている雑記帳が終わりそうなので、ストックのなかから次のノートを決めました。

f:id:modestdays:20161130220557j:image

ツバメノートです。豆しばがかわいい。

f:id:modestdays:20161130215547j:image

裏表紙では得意のまめちしきを披露しています。

f:id:modestdays:20161130215623j:image

ツバメノートの特徴である特漉のフールス紙は簾の目が美しいです。目に沿って引かれた控えめな罫線の色合いとあいまって、光に透かして飽きずに見つめてしまう魅力があります。

f:id:modestdays:20161130220119j:image

インクが紙にまっすぐ吸い込まれるような書きごこちです。この吸い込まれる感覚はコクヨの澪ペーパーに近いと感じています。紙の質感はちがうのに、不思議です。

鉛筆を色鉛筆として使う

bullet journal(バレットジャーナル)や雑記帳のページにタイトルをつけるのが好きです。

f:id:modestdays:20161126223738j:image

筆ペンでくっきり太く書くのもいいですが、細いペンでレタリングした字のなかを鉛筆で塗りつぶすのも好きです。

PLANのAの字のハートは、SARASAの赤で塗っています。画材がなくても楽しめる、お手軽なデザインです。