modest days 〜ジミナマイニチ

ちょっとしたこと

ラベルシールのつかいみち

なぜか手元にある、さまざまなサイズのラベルシール。 最近はインデックスとして使っています。 適当な大きさに切って、折り、貼るだけ。 程よい厚みがあり、元がラベルシールなので書き心地も申し分ありません。 柄をつけてもかわいい。 いつか幅広タイプも…

サンバレーオニオンスキン

玉ねぎではありません。紙の名前です。 出会いはもう、いつなのか忘れてしまいましたが、ノートにこだわるようになったきっかけはサンバレーオニオンスキンと出会ってからです。 はじめて目にしたとき、これが筆記のための紙なのかと驚きました。 新品とは思…

啓文社の活版手帳

活版の魅力は、この凹凸。 啓文社の活版手帳です。 日曜はじまりの日付フリーの手帳であり、見開き二週間というめずらしいフォーマットです。 いつでも始られる日付フリーではありますが、年間カレンダーは2013年と2014年が付いています。およそ5年前の商品…

セリア ミニバインダーのリメイク

システムバインダー6穴に続き。 以前購入したミニバインダー、今回もペンキでペイントしました。ターナーミルクペイントのフロリダピンクです。 塗り方はシステムバインダー6穴と同じ。面積が小さいぶん、早く終わります。 同じくセリアで購入したウォールス…

万年筆のインク消し

ペンタイプのインク消しを愛用しています。 万年筆のインク用ですが、全てのインクに有効な訳ではありません。これはLAMYのブルーインク専用です。 初めてインク消しと出会ったのは、友人のフランス土産でした。 たしかこんなデザインで、友人はインク消しと…

極細ボールペンが気になる

最近、極細ボールペンを使いはじめました。 元々は太くクッキリした筆跡が好きです。ノートに書いたときぱっと文字が目に飛び込んでくるし、自然と行間を開ける書き方になり後で読みやすいためです。 なまえペンでノートを取っていたこともあるくらいです。 …

ゲルインクボールペンの後悔

分かってはいたけれど。 文房具店でゲルインクボールペンがまとめて安売りされており、思わず買ってしまいました。 5色セットで4本分の値段でした。パイロットのJuice、1.0mmボールペンです。 色を確認したところ。コーヒーブラウンやダークレッド、ブルーブ…

万年筆の不思議な書き味

パイロットの万年筆は以前からグランセを持っていますが、柔らかくスベる書き味に馴染めていません。筆で例えるなら、筆の腹で書いていて穂先が決まらないような感覚で、一画目の入りが跳ねたようになります。 色々調べてみると「パイロットの書き味は柔らか…

セリア システムバインダー6穴のリメイク

カスタムすると、こうなります。 セリアでずっと気になっていたシステムバインダーを手に入れました。 左側のバインダーです。勢い余ってミニバインダーも買ってしまいました。 さんざん使いみちがないと言いながら、またもシステム手帳(バインダー)を2冊…

能率手帳GOLDメモランダム

現物をみてから手に入れようと、ずっと探していました。 能率手帳GOLDメモランダムです。羊革の表紙が特徴の能率手帳GOLDのメモ帳版です。 メモ帳なので中身はすべて罫線です。 よく見ると、罫線には二箇所、途切れがあります。能率手帳のメモはこれが普通の…

北欧のかおりただよう文房具

文房具を買わないチャレンジの前、最後に買ったものたちです。 雑貨屋さんのフライングタイガーコペンハーゲンで手に入れました。 旅先で立ち寄りましたが、滞在中なんども足を運んでしまいました。文房具のデザインが素敵なうえ、とても安いのです。お店に…

文房具を買わないチャレンジ

ふと、自分はこの先10年以上買わなくていいくらい文房具を持っているのではないかと思いました。 ノート60冊、筆記具ざっと50本、万年筆インクボトル13瓶、カートリッジおよそ30本。モノを減らしてスッキリ生きたい人間のもつ量をはるかに超えています。 シ…

山のはじまり

60冊近くある未使用ノートの山。すぐに使う予定のないノートを集めはじめたのは、竹尾のノートからです。 ドレスコと呼ばれるシリーズが大好きです。 孔雀がかわいい。 ここにも。 表紙に見たことがないテクスチャの紙を使い、開くとハッとするような色をあ…

100枚レターブック 和もよう

紙好きにとって見過ごせないのが100枚レターブックです。 数々のシリーズを我慢してきましたが、これは買わずにいられませんでした。 パラパラ めくるだけで目が喜びます。美しく、楽しい。 いかにもな和柄からモダンなものまであります。 ときどき眺めるだ…

ハッピープランナーを彩る

ハッピープランナー(Happy Planner)を久しぶりにデコレーションしました。 今年の年末までのプランナーです。 とても素敵なプランナーですが分厚く重いため持ち歩けず、通年での使いみちは見出せませんでした。前回デコレーションしたときはゴテゴテにして…

悩ましいローラーボール

カキモリのローラーボールが大好きです。 力を入れずに握れる程よい太軸と、しっかりしているけど気持ちよく外れるキャップ。そして中太の字幅。全てが好みです。 いまはエルバンのカカオブラウン(ココアブラウン)を入れています。 悩みは時々掠れることで…

やっぱりスリッチーズが好き

もう手に入らないかと思っていました。 すでに販売終了しているスリッチーズの軸を文房具屋さんの隅で見つけ、カラフルなリズリサコラボ軸を3本手に入れました。 右側の黒軸は元々持っていたものです。他の軸も持っていましたが替芯するときに開けるネジが割…

プッシュ式コンバーター

パイロットのCON-70、パイロット最大の容量を誇るコンバーターでプッシュ式の吸入が特徴です。 上部の黒い部分を押して吸入します。透明カクノに使いました。 はじめてのプッシュ式、なんだかとても泡立ってしまいました。これでいいのかな。 泡立っていても…

ケスペタを作る

ケスペタを愛用しています。わたしにとってダイレクトメールやカードの明細を捨てるときになくてはならない物です。 しかし頭の片隅で「これ自分で作れるのではないか」とつねづね考えていました。 今日はそれを実行します。 墨汁と水のりです。材料はずばり…

飾り棚をペイントする

万年筆インクやコンバーターは一箇所にまとめています。 机の上の飾り棚に、雑多な小物類といっしょにディスプレイしています。このままでも不満はありませんが、ペイントして明るい雰囲気に変えようと考えました。 ターナーのミルクペイントです。海外製で…

メタルシールで遊ぶ

チーキーズのメタルシールを手に入れました。 10種類が各4枚、全部で40枚です。200円しました。 このシールを見たときに、ピンとやりたいことが浮かびました。黒いノートに使うことです。 思ったとおり、とてもしっくりきます。 このリフィルは黒いノートパ…

ノートの山

ついに未使用ノートを入れている箱のフタが閉まらなくなりました。 この箱、置き場所が決まっていないのであちこち運ぶのですが、紙製なので重さに耐えられなくなってきています。 きちんと向き合うために箱から全部出し、数えてみました。ちょうど60冊でし…

びわこ文具

滋賀ですてきな文房具を見つけました。びわこ文具です。 とびだし坊やがかわいいです。とび太くんという名前のようです。 まずはA6ノートから。中身は赤表紙も黒表紙も 同じ横罫です。ちょこんといる坊やがアクセント。 全ページ切取り線付きでメモとしても…

システム手帳用ファスナーポケット

システム手帳用のファスナーポケットを100円ショップのソフトクリアケースで自作することにしました。 2枚入りでした。バイブルサイズのシステム手帳に使いたかったのでA6サイズを購入しました。 作り方は簡単。 幅をカットして 幅広のマスキングテープで底…

はたらくくるまのマスキングテープ

文房具は見ると欲しくなりますが、それ以上にものを増やしたくない気持ちがあります。マスキングテープの所有量も片手にのるくらいで着々と消化していましたが、これは買ってしまいました。 1枚ずつめくれるマスキングテープ、はたらくくるまです。1枚ずつめ…

ガラスペンに似合うインクは

ガラスペンを手に入れてからというもの、透きとおって美しいペン先をどんな色に染めたいか、考えています。 まずはエルバンのアンティークブーケ。手持ちの中で、もっとも淡い色味のインクです。 いちごシロップをかけたかき氷のよう。 つぎもやはりエルバン…

プレピー 0.2 の印刷を消す

プラチナ プレピーの付属カートリッジを使い切りました。次のインクを補充するまえに、印刷を消すことにしました。 除光液で擦ると、印刷だけでなく光沢もなくなってしまいました。擦り方が強すぎたのでしょうか、フロスト加工をしたかのようです。 触り心地…

雲ノート

正しくはインスピレーションブックという名前のようです。 中身は雲、雲、雲。 全部で178ページあります。 ノートとして作られていますが、雲を見ているだけでインスピレーションが湧きそうです。 書き味を試したいのですが何を書こうか迷います。見ているだ…

ユポ紙の誘惑

ユポ紙が好きです。 ユポ紙は水濡れにつよく破れにくい紙です。選挙の投票用紙や荷札などに使われています。 ひっぱっても伸びるだけ。わたしの力では破れません。紙というよりプラスチックフィルムといったほうが正しいかもしれません。 推奨の筆記具は、鉛…

ガラスペンの魅力

ずっと欲しかったガラスペン、ついに手に入れました。 探していたのは全体が無色透明で色気のあるフォルム。 トーチのような流線を描くペン先と、繊細な泡がキラキラ光る軸。美しく見飽きることがありません。 少しひっかかる書き味も慣らしていけばスルスル…